当社で活躍する若手社員を紹介します

焦らずに色々と探っていくのも大事

新津本社/管工機材販売 営業職

≪学生時代≫
学部:スポーツ経営学部 
専攻:スポーツ経営学科

大学ではスポーツ経営に関わる授業や心理学を中心に授業を選択していました。私自身スポーツをやってきたわけでも得意なわけでもありませんでしたが、観戦することが好きだった為、支える関係で関われないかと大学を選びました。サークルには所属していなかった為、授業の後はほとんど毎日アルバイトの生活でした。3年以上続けたアルバイトでは担当部門を持ち、商談も任せてもらっていました。自分の選んだ品や売り方で毎月の売上が決まるので、やりがいがあり今でもよかったと感じています。

Q.就活で苦労したことは?

自己アピールする点が少なかったため、面接で話す内容が薄くなってしまうことです。大学時代はサークルに所属しておらず、多くを語れるような趣味もなかったため、自己アピールが難しかったです。面接対策で自分自身を分析していくうち、こんな小さなことでもアピール点になるのかと発見もあったため、些細な事でも深堀りしていけば何か見つかると思います。

Q.なぜ林角本店を選んだ?

合同説明会で女性の営業職先輩が説明をしてくれたからです。はじめは職種すら定めておらず、ふらふらと立ち寄っただけなのですが、女性の人数が少ないこの業界で長く営業を続けられている理由ややりがい・業務内容を聞き、エントリーを決めました。面接でも圧迫感は感じず、リラックスしてお話することができたので、人柄の良さや社長の掲げる「古いままでいない」という理念に共感したので決めました。

Q.林角本店の印象は?

「取り扱えるものはなんでも売る」です。
もちろん、主に扱う品目は管工機材ですが、それに伴うポンプや、エアコンなども販売します。夏は熱中症対策として食品を売ったりもしますし、作業服を取り寄せて販売もします。最近では機器に力を入れていて、大型空調機やパイプマシンなどのお問合せもあります。

お客様からの信頼を頂けるように、日々心がけています。

Q.やりがいを感じるのはどんな事?

お客様より「助かったよ」と言っていただけることです。基本的に調べものが多いので、カタログだけではわからないことはメーカー様に直接伺います。それをまとめて、必要な情報やプラスアルファの情報をお話した際にいただける言葉にやりがいを感じます。毎日のように初めて聞く機械や製品が出てきて調べあげるのは大変ですが、時間をかけた分お客様からの信頼を頂けると思うので、大事にするよう心がけています。また、携帯や自分宛に名指しで直接お問合せを頂けると嬉しく思います。

Q.林角本店の良い所とよくない所?

◎良い所
人間関係は良好だと思います。管工機材部は年齢が近いこともあり、お昼休みは和気あいあいとした雰囲気です。
◎よくない所
非鉄金属部と管工機材部で取り扱う品がまったく異なる為、お互いの理解度が低いところです。使用しているシステムも違うため、事務作業でも意思疎通が統一されません。

Q.就活生に伝えたいこと?

ひとり知らない会社へ入り、お給料を頂くための働く場所を決めるので、周りの人たちに流されず自分でしっかり考えて決めることが大事だと思います。また合同説明会などで沢山の企業の話を聞いてみるのもいいと思います。私自身、はじめはこの業界に全く興味を示しておりませんでしたが、話を聞くことでエントリーを決め、働くことを決めました。自分の興味のない業界でも話を聞くことで新たな道を見つけたり、逆に自分の不向きな事や、決めたことへの決意が固まるかもしれません。焦らずに色々と探っていくのも大事だと思います。

休日の過ごし方

家で過ごすことが好きです。アウトドア派ではないため、録画した番組をみたり漫画を読んだりして過ごします。予定のない日の午前中は家の掃除を済ませます。昼寝をすることが大好きなので大体昼寝をとり、夜起きていることが多いです。ドライブすることも好きなので、日が落ちたら車に乗って買い出しがてら2時間ほど走ります。
有給を取って好きなバンドのライブや舞台を見に他県へ遠出することもあります。お気に入りの洋服を着て出かけるのは、家で過ごすのとはまた違ったリフレッシュが出来て楽しいです